事例に学ぶ健康安全クリニック コミュニケーションエラーが事故のもとに!
―共同作業時の安全対策はエリア区分・段取りと声掛けで―

2022/1/24 10:00 更新

Aさん(48歳、男性)は、同僚のBさん(62歳、男性)と駐車場内の通路を確保しようと、除雪作業を始めた。
作業開始時はAさんが左側、Bさんが右側と分担していたが、若いAさんのペースが速く、自分の分担箇所を終えて、Bさんのエリアを手伝うことにした。
Bさんもそれに気づいてはいたが、予想以上に二人の作業位置が近づいていた。
Bさんが固まった雪を手で持ち上げようとしゃがんで作業していたところ、AさんのスコップがBさんの頭部付近にあたり、裂傷を負わせてしまった。

ビルメンテナンス業務では、脚立を使った管球交換や空調機のフィルター交換、床や階段の清掃、建物外周の草刈り作業のような共同作業は、日常茶飯事です。
いつもの仕事だから、いつものようにお互い注意すれば事故は起こさないだろう、と考えるのですが、ちょっとしたコミュケーション不足が事故を引き起こしてしまいます。作業前の打ち合わせ・指示、作業中の声掛け、合図確認で事故防止に努めましょう。

1.作業の段取りでは、エリアの区分と合図・声掛けを徹底する

 いつもの作業、簡単な作業でも、共同作業前に必ず段取りについて打ち合わせを行いましょう。打ち合わせのポイントは以下を参考にして、現場の実態に応じて行いましょう。

この記事はマイページ会員限定です。登録(無料)すると続きをお読みいただけます。