病院清掃受託責任者とは合格発表講習のご案内  | 変更届出書
再発行申請書 |  受験について受託責任者再講習よくある質問

お知らせ

2021年度病院清掃受託責任者講習はインターネットを利用したオンライン講習で実施致します。
受講にはパソコンやインターネット等の学習環境が必要となります。
詳しくは受講案内に記載されていますので必ずご確認のうえお申し込みください。
※ネット申請は全国協会マイページhttps://www.j-bma.or.jp/menber-loginよりお申込み可能です。
※紙申請は下記の受講案内をダウンロードいただき、受講案内の中の申請書を簡易書留にてご郵送ください。

◎【2021年8月18日】
   オンライン講習の手引きver3を掲載しました

◎【2021年4月1日】
   2021年度(第28回)の受講案内を掲載しました。

   新規講習はこちら
   再講習はこちら

病院清掃受託責任者とは

医療法施行規則第9条の15第1号により、病院が清掃を外部に業務委託する際、受託業務場所に受託業務の責任者として「受託責任者」を配置すること とされています。本講習は、この医療法施行規則が求める「受託責任者の病院清掃に関する知識」を付与することを目的とした講習です。

講習は、厚生省健康政策局長通知(健政発98号)第3の9(2)ア、及び認定基準3.(2)①に定める受託責任者の有すべき知識として、①医療機関の社会的役割と組織、②医療関係法規、建築物における衛生的環境の確保に関する法律、廃棄物の処理及び清掃に関する法律等の関係法規及び労働関係法規、③作業計画の作成、④ 作業の方法、⑤ 作業の点検及び業務の評価、⑥ 清潔区域等医療施設の特性に関する事項、⑦感染の予防、⑧個人情報の保護を含むカリキュラムで実施いたしま す。 受講資格は『厚生省健康政策局長通知(健政発98号)第3の9(2)ア、』及び『認定基準3.(2)②』に基づき、医療機関の清掃業務を含む清掃業務に3年以上の経験を有する者、または、修了証書の有効期間の満了を迎えるものになります。

本講習を受講し、審査に合格された方には修了証書を交付いたします。修了証書の有効期間は4年間です。講習受講後4年が経過する方は、再講習の受講が必要です。

(一財)医療関連サービス振興会が認定している、医療関連サービスマーク制度の認定要件のひとつとして、本講習の受講が義務付けられています。 医療関連サービスマーク(院内清掃業務)の認定中もしくは認定申請中、今後認定申請を予定している企業にお勤めの該当の方も本講習を受講してください。

合格発表

2020年度 合格発表はそれぞれ以下のリンクからご覧頂けます。

講習のご案内

2021年度(第28回) 病院清掃受託責任者 講習案内

新規講習はこちら 

再講習はこちら 

※リンクは新しいタブ または ブラウザウィンドウを開きます

変更届出書

変更届出書はこちらからダウンロードできます。(Word:15KB) 

再発行申請書

再発行申請書はこちらからダウンロードできます。(PDF:31KB)

受験について

受講資格医療機関の清掃業務を含む清掃業務に3年以上の経験者であること。
講習日程インターネットを利用したオンライン講習を行います。
講習科目(1) オリエンテーション
(2) 現場から見た病院清掃
(3) 病院清掃の基本と病院感染症対策
(4) 医療行政と病院清掃
(5) フリーディスカッション
(6) 受託業の基礎
(7) 受託責任者としての業務1
(8) 受託責任者としての業務2
(9) 受託責任者としての心構え
(10) 考査

受託責任者再講習

「病院清掃受託責任者認定基準」では、4年に1度の受講を義務づけています。

再講習日程インターネットを利用したオンライン講習を行います。
再講習科目(1) オリエンテーション
(2) 現場から見た病院清掃
(3) 病院清掃の基本と病院感染症対策
(4) 医療行政と病院清掃
(5) フリーディスカッション
(6) 受託業務の基礎
(7) 受託責任者としての業務1
(8) 受託責任者としての業務2
(9) 受託責任者としての心構え
(10) 考査

よくある質問

こちらでご覧ください