顧客の要請を実現してこその「スペシャリスト」。
小さな企業の大きな生存戦略。

2023.1.25 10:00 更新

会社経営だけでなく、協会活動に参画したことで視野が広がった。

―― 四国ビルメンはお祖父様が創業されたと伺いましたが、学生時代から経営を意識していましたか?

長池 実は、若いころは会社のことはまったく考えていませんでした。世界をまたにかけた仕事がしたいと考えていて、高校・大学時代はアメリカに6年間留学していましたし、帰国したあとも中国に2年間ほど語学留学に行き、海外経験を積んできました。

―― ワールドワイドな仕事を目指していたのですね。

長池 そうですね。今の仕事とは直接的なつながりはないですが……。それでも若いころに海外、しかも2つの大国で生活できたことは、今になっても非常に良い経験となっています。

―― 会社を継がれたときはどういった状況だったのですか?

長池 四国ビルメンは初代となる祖父が創業し、兄が父の後に三代目を務め、私で四代目になります。
いまから10年ほど前、当時四国ビルメンの社長をしていた兄が父の政治基盤を継ぐことになったため、代替わりで私が社長に就任することとなり、そこで初めてビルメンテナンス業に触れました。

この記事はマイページ会員限定です。登録(無料)すると続きをお読みいただけます。