「新たなビジネス」創造を通じて 人材“発掘”と“育成”に挑戦する若き取締役

2022.12.15 10:00 更新

東日本大震災後の住宅復興事業のために、入社間もなく600人超の大規模現場を束ねることに。

―― 先代のお父様が創業した会社ということですが、入社の経緯について教えてください。

三瓶 トーカンオリエンスは先代である父が創業した会社ですが、兄も2人いますので、父の会社の事は意識しておらず、当時の私は公認会計士を目指して勉強をしていました。
そこに、トーカンオリエンスで当時経理をされていた方が辞められて、手が足りなくなり、会計士の勉強をしているからということで「手伝いに来てほしい」と、ピンチヒッターとしてアルバイトで入社したのが最初になります。卒業するまでの間、バイトと大学と、二足の草鞋を履いての生活でした。

―― 会計士になるのが夢だったのですね?

三瓶 はい。とはいっても、大学生になってから漠然と「先生」と呼ばれる仕事に就きたいと思っていました。ですが、すでに教職課程を取るには遅く……。そうなるともう、士業を目指すしかないと思ったんです。私の同期の仲間は裕福な家庭の方が多く、とても優秀だったこともあり、皆そうそうたる超一流企業に就職していく中で、自分の中で「これは真正面から戦うのはつらい」と焦りがあったということもあり、また大学の経営学部に在籍していたことも手伝って、「それなら公認会計士の資格取得を目指そう」と思って勉強を始めました。
士業の中でなら、現実的に「公認会計士ならいけそう」という気持ちもありましたが(笑)
その後、結局ピンチヒッターのはずがそのままトーカンオリエンスに就職して、現在に至ります。

この記事はマイページ会員限定です。登録(無料)すると続きをお読みいただけます。