活動報告 教育委員会主催の「特別支援学校技能検定」事業に協力(熊本)

2022/03/22 14:00 更新

熊本県

障害者就労支援の一環として
審査員向けの教材ビデオ制作と講習会を実施

熊本県ビルメンテナンス協会は、熊本県教育委員会が主催する「特別支援学校技能検定」事業に協力しています。同事業では、生徒の就労への意欲や技術向上を目的に、清掃種目に係る技能検定が行われています。
平成28年度から令和元年度まで、県内ブロックごとに行われた延べ9回の技能検定の審査員として本協会の講師を派遣する他、教員を対象とする実技指導・技術指導などを含め4年間で、のべ16回、69人を派遣しています。

熊本県特別支援教育課作成のチラシ。

教育委員会が制作した動画。場面ごとに動作を映像と文章で説明しています。

令和3年度は、新型コロナウイルス感染拡大により、各学校で技能検定を実施することに変更されました。
審査員は、各学校の教員が務めることになり、審査員養成に関する2点の協力依頼がありました。
1 審査のポイント説明の動画作成(清掃作業の実技と音声による解説のビデオ撮影)
2 技能検定審査員講習会(技能検定に向けた教員の指導力向上のための質疑応答等)


熊本県ビルメンテナンス協会では、今後も特別支援教育充実事業に積極的に協力してまいります。

動画作成の様子(令和3年7月21日)。協会から派遣した3人の講師が、手順ごとに音声の解説を交えながら実演しました。

オンラインで実施した技能検定審査員講習会の様子(令和3年8月23日)。

動画公開のおよそ1か月後、実演を交えながらの質疑応答も実施しました。15校の特別支援学校から53人の参加がありました。

 

一般社団法人 熊本県ビルメンテナンス協会