【補助金・助成金情報更新】第12回「ものづくり補助金の加点要素にも!経営革新計画とは?」

会員マイページ内「補助金・助成金情報」が更新されました。


第12回『ものづくり補助金の加点要素にも!経営革新計画とは?』

 中小企業庁では、中小企業が業績アップや経営の向上が期待できる「新たな事業活動」について「実現性のある数値目標」を具体的に定めた中期的な経営計画書「経営革新計画」を策定することを奨励しています。

 通常、上場している大企業は投資家や金融機関、関連会社などの利害関係者に向けて、中期経営計画を策定しています。この計画書では会社のビジョンや将来の方向性を示され、具体的な目標として数値計画まで落とし込まれています。こうした計画を作るメリットとしては、計画と実績の差違を検証でき、今後の対策を打つことが容易になる点にあります。

 しかし、中小企業で中期計画書を作っているところは多くありません。計画がなければ売上や利益を正確に把握することができず、有効な施策が打てなくなります。

 そのため中小企業庁は経営革新計画を策定させるという形で、中小企業の経営力・生産性向上のための支援を行っています。経営革新計画は承認を得ることで、補助金の加点要素、資金調達や販路開拓等、さまざまな優遇措置を受けることができ・・・