全国で輪が広がる「ビルメンテナンスこども絵画コンクール」

2022.1.00 00:00 更新

「ビルメンテナンスこども絵画コンクール」は毎年、全国から作品のたくさんの応募をいただいています。第15回を数えた今回は、過去最多となる13,067点もの作品が寄せられました。
コンクールを共催する地区協会の中には、コンクールと協力してさらに独自の審査・表彰を実施するなど、さまざまな取り組みを行っている例も多くあります。これらの活動は、地域社会への貢献と、清掃の仕事をより知っていただく機会の創出という点でも、全国協会とともにコンクールを盛り上げるための大きな役割を果たしています。
そこで、今回は第15回コンクールに際して実施された、各地の取り組みの一部をご紹介します。

この記事はマイページ会員限定です。登録(無料)すると続きをお読みいただけます。