【8月25日オンライン開催】特定技能、タイ人の採用を全面支援! 参加無料の説明会を開催

2022.08.10 09:00 更新

在留資格「特定技能」の制度の導入から3年。ビルクリーニング分野では既に839人(※1)が特定技能制度で働いていますが、他分野も含めて優秀な人材の奪い合いが始まっています。
そこで期待されるのが、情熱と志を持ってビルメンテナンスの仕事に携わることを選択してくれたタイ国の方々です。

ビルクリーニング外国人材受入支援センター(以下ASCF)では現在、タイ国政府と協議を重ね、タイにおけるビルクリーニング特定技能1号評価試験の準備と並行しながら、「ワンストップ・サポートサービス(通称:ワンサポ)」の始動に向けて準備を進めています。タイ国政府側からも特定技能の雇用拡大に向け、積極的なアプローチと具体的な協議が継続して行われています。

「ワンサポ」は、全国ビルメンテナンス協会の要請から始まったもので、外国の職業紹介事業者と連携し、現地で求職者と会員企業をマッチング、面接のコーディネート、内定者のビルクリーニング特定技能試験合格に向けた訓練、入国手続きまで一貫して行う支援制度です。昨年はインドネシア版のワンサポを行い、利用先の企業から高評価を得ています。

特定技能制度は、労働力を目的としない「外国人技能実習制度」とは異なり、人手不足解消のための人材で、企業を存続する上でも欠かせない存在です。しかし各分野で受け入れが進むなか、過重労働や賃金の低さ、人権侵害が問題視されています。ビルクリーニング分野に特化した信頼できる支援先を通して人材を確保することは、日本のビルメンテナンス企業で、安心してビルクリーニング技術を習得してもらえる環境づくりにもつながります。

※1 参考:出入国在留管理庁 「各四半期末の特定技能在留外国人数 令和4年3月末」

【8月25日オンライン開催】タイ国の最新情報を加えた「第3回雇用戦略説明会」

※終了しました

タイ国からの特定技能採用に「少しでも関心がある」という方は、「第3回特定技能外国人(タイ)雇用戦略説明会」へご参加ください。

下記の日程でオンライン(ZOOM)開催します。説明会は月に一度実施しており、毎月さまざまな角度からワンサポの利用方法を紹介しています。8月はASCFが提供する「ワンサポ」サービスとコストを解説します。ほか面接ノウハウの紹介(CQI検査)や特定技能試験合格者の求職情報などをお知らせいたします。

参加は無料なので、連続参加をお勧めいたします。奮ってご参加ください。

■説明会概要
主催:全国ビルメンテナンス協会、ビルクリーニング外国人材受入支援センター(ASCF)
開催日時:2022年8月25日(木)15:00~16:00
開催場所:オンライン(ZOOM)
内容:ASCFが提供する人材紹介(ワンサポ)サービスとコストを解説
   面接ノウハウの紹介(CQI検査)、特定技能試験合格者求職情報など
参加費:無料

説明会はASCF会員企業限定です。
登録がお済みでない場合、ASCFへの登録を済ませてからお申し込みください。
会員登録の手順はASCF(ビルクリーニング外国人材受入支援センター)のWEBサイトにてご確認ください。
https://ascf.jp/

*「ワンサポ」とは
ASCFが外国の職業紹介事業者と連携し、現地で求職者を集め、会員企業との面接をコーディネート。内定者には、現地でビルクリーニング特定技能試験合格に向けた訓練が行われ、入国までの手続きを支援します。民間の人材紹介会社に比べて安価、かつ安心です。