Noimage Noimage

「石綿健康被害を増やさないためのシンポジウム~発注者・事業者・住民で考えるリスクコミュニケーション~」開催のお知らせ(厚生労働省)

厚生労働省は3月5日、建築物等の解体・改修における石綿による健康被害を防ぐため、発注者・事業者・住民等のステークホルダーを対象とした「石綿健康被害を増やさないためのシンポジウム~発注者・事業者・住民で考えるリスクコミュニケーション~」を開催します。

建築物等の解体・改修の作業については、石綿則等石綿関係法令に基づき、石綿ばく露防止、飛散防止のための措置が義務付けられています。石綿健康被害を防ぐため、法令で示されている事前調査等が適切に実施されるように、その社会的な必要性を発注者・事業者・住民等ステークホルダー間で共有することを目的としています。

■日時
令和6年3月5日(火)14:00~16:00

■会場・定員
ワテラスコモンホール(東京都千代田区):定員 80名
オンライン(Zoomウェビナー):定員 300名

■プログラム
・「石綿障害予防規則におけるばく露防止措置等について」
・基調講演「住居学の見地から、石綿健康被害を防ぐためのアクション」
・「事業者における石綿ばく露防止対策の現状」
・「改正を踏まえた制度周知のためのパネルディスカッション」

■参加費
無料

お申し込みは、こちら

■主催・お問合せ
・主催: 厚生労働省化学物質対策課
・お問合せ: 一般財団法人日本環境衛生センター サステナブル社会推進部
 電話 044-288-4919 / E-mail ce-recycle@jesc.or.jp
※ご案内チラシ(PDF)は、こちら