短い夏が訪れた南極では、生き物たちの繁殖活動がピークを迎える【後編】

2022.1.28 15:00 更新

太陽が沈まない白夜が続く南極は、短いながらも夏を迎えます。気温が1年を通じてもっとも高くなるため、動物の繁殖行動がさかんになります。今回は、厳しい環境で必死に生きる生き物たちの姿をリポートします。

<本記事の掲載にあたって>

新型コロナウイルスが世界を覆う厳しい状況下、気候変動を始めとする
地球の観測を続けるために、日本を出発した第62次南極地域観測隊。
脱炭素という二酸化炭素排出削減の加速を求められる現在、
南極で得られる環境データはとても重要です。

この記事はマイページ会員限定です。登録(無料)すると続きをお読みいただけます。