新型コロナウイルス感染症対策「マスクについてのお願い」【厚生労働省】

厚生労働省医政局より別添のリーフレットについて周知依頼がございましたので、ご協力をよろしくお願いいたします。

現在、予防用にマスクを買われている方が多いですが、感染症の拡大の効果的な予防には、風邪や感染症の疑いがある人たちに使ってもらうことが何より重要です。

 1.マスクは買い占めなくても大丈夫
  風邪や感染症の疑いのある人にマスクを届けるために、必要な分だけ買うようにしましょう。
 2.使い捨てマスクがないときは代用品を使おう
  ガーゼマスクや、タオルなど口を塞げるものでも飛沫(くしゃみなどの飛び散り)を防ぐ効果があります。
 3.こまめな手洗いなどの基本も大事
  帰宅時や、料理・食事の前など、口や鼻に触れる前に、こまめに手洗いなどをしましょう。

マスク不足を解消するために官民連携して毎週1億枚以上のマスクを消費者のみなさまにお届けします。