令和3年 労働安全衛生調査結果の概要

2022/10/6 12:00 更新

厚生労働省では毎年「労働安全衛生調査(実態調査)」を行っています。

この調査は、労働災害防止計画の重点施策を策定するための基礎資料とすることを目的として、周期的にテーマを変えて行っているもので、令和3年は「事業所が行っている安全衛生管理、労働災害防止活動及びそこで働く労働者の仕事や職業生活における不安やストレス、受動喫煙等の実態」について調査を行いました。

※常用労働者を10人以上雇用する民営事業所から無作為に抽出した約14,000事業所、ならびに当該事業所に雇用される常用労働者、および受け入れた派遣労働者から無作為に抽出した約18,000人を対象として調査

■令和3年 労働安全衛生調査(実態調査)結果の概要PDF
※出所:厚生労働省 政策統括官付参事官付賃金福祉統計室