当協会の開発・対策・提案をご紹介します。

営業支援事業の開発

会員の優位性を高めるために、ビルメンテナンス顧客のニーズを掴み、共有し、経営課題を解決するための営業支援事業を開発しています。

新たなビジネスモデルの開発

ビルメンテナンスサービスがより発展し続けるために、新たなビジネスモデルの開発に取り組んでいます。

業界の雇用環境悪化に対する対策

作業ロボット開発への支援や、人材採用技術の提供などを行い、業界の雇用環境の悪化に備えます。

BMロボットマッチング会

保険サービスの提供

経営リスクを軽減するため、会員限定の賠償保険を安価な価格で提供しています。 
賠償共済保険、生命共済保険等へのご加入

保険

外国人に対する制度

建築物衛生法における1号、または8号の登録を受けたビルメンテナンス会社では、技能実習、特定技能などの在留資格を持つ外国人の雇用が可能です。
安心して外国人材の受入れができる環境づくりをサポートする「外国人材受入支援センター」を立ち上げました。 ※詳細は以下をご参照ください。

<ビルクリーニング外国人材受入支援センター>
 https://ascf.jp/

<事業登録制度> ※厚生労働省(外部リンク)
 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei11/03.html