建築物清掃管理者評価資格者とは制度変更の概要合格発表講習のご案内
資格者検索変更届出書建築物清掃管理者評価資格者 の学習内容よくある質問

 

建築物清掃管理者評価資格者とは

建築物清掃管理者評価資格者(通称:ビルクリーニング品質インスペクター)とは、自らが提供する業務(商品)の品質を高めるため、作業の結果を点検し、その点検結果を業務改善に生かすとともに、必要に応じて建築物所有者など発注者の皆様へ、改善提案ができる能力を備えた人(通称:インスペクター)を認定する資格者制度です。

本制度は、業務を履行するだけではなく、提供する業務(商品)の品質を適正な目で見極めることのできるインスペクター資格者により、自主的に業務を点検し、改善に結び付ける・・・計画(Plan)、実行(Do)、点検(Check)、改善(Action)のサイクルをまわすことにより、より高品質なサービスを提供する・・・そのような品質管理体制を社内に構築することを目的としています。

 

制度変更の概要

平成28年度より制度が変わりました!

インスペクターをより多くの建築物所有者・維持管理権限者、建築物の使用者・利用者に認知・活用頂くために、

  • 分かりやすい資格制度にすること
  • 品質管理状況の報告及び改善提案の内容を加え
  • より実施に密着した高い技能・知識を身に着けて頂くこと

などを基本コンセプトとして、大幅な見直しを実施しました。

より分かりやすく!

従来の「2級P(作業品質)」「2級M(組織品質)」「1級」の資格体系を一本化しました。

より取得しやすく!

  • 資格取得期間の短縮
    従来3年を要した資格取得までの期間を短縮し、約8カ月で取得可能とします。
  • 作業品質・組織品質能力の獲得
    講習会を3日間とし、「作業品質」と「組織品質」を同時に学ぶ内容とします。
  • 資格取得費用の削減
    受講料(会員の場合)を、会員6万円・一般10万円(税抜)にします。

登録制度を廃止!

  • 資格体系を一本化
    制度活用・啓発を促進するため、資格者全員を無条件で公開することとします。

資格の有効期限の設定

4年間の有効期限を設定し、更新を継続的なスキルアップの機会として活用します。

実施スケジュール

合格発表

平成30年度の合格者はこちらでご確認頂けます。

講習のご案内

※リンクは新しいタブ または ブラウザウィンドウを開きます

資格者検索

認定された資格者の名簿はこちらでご覧頂けます。
(企業名の掲載は、ビルメンテナンス協会会員企業のみとなります)

※リンクは新しいタブ または ブラウザウィンドウを開きます

変更届出書

変更届出書はこちらからダウンロードできます。(Word 16.0 KB)

 

建築物清掃管理者評価資格者 の学習内容

建築物の清掃管理業務を評価するインスペクターになるには、評価対象ごとに学習します。

作業品質評価

清掃管理業務の結果を評価し、改善について学びます。
※P:product quality…作業品質

組織品質評価

清掃管理業務を行う現場の業務管理体制(組織品質)を評価し、改善について学びます。清掃管理業務は、同一の仕様であっても、現場での作業の進め方や作業技術、従事者の仕事に取り組む姿勢によって相当の違いが出てきます。このように、ビルメンテナンス会社の現場における業務管理体制の善し悪しは、直接、作業の結果として表れてしまいます。現場の業務管理体制(組織品質)を評価し改善する体制の有無は、ビルメンテナンス会社を評価する重要な要素のひとつです。
※M:management quality…組織品質

よくある質問

こちらでご覧ください