エコチューニング推進センター

ニュース

2019/7/5―契約締結支援事業― 2019年度「エコチューニングチャレンジ40」参加事業者募集

【エコチューニング事業者のみなさまへ】

エコチューニング推進センター
センター長 三橋 博巳

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。日頃はエコチューニング事業の普及にご尽力いただき、心より感謝いたしております。
 当推進センターでは前年度に引き続き、継続的なエコチューニング契約締結に向けて、ビルオーナー等への提案や交渉等を行うエコチューニング認定事業者の皆様を技術面、営業面、資金面から支援する「エコチューニングチャレンジ40」事業を今年度も実施いたしますので、是非ともご参加いただきたく、ご案内いたします。
 平成30年度のエコチューニングチャレンジ40では8事業者様にご参画いただき、3件の契約が実現されました。また、現在も契約実現に向けて取り組みが継続されている案件もございます。(詳細は、別添「2018エコチャレ40成果報告」をご参照ください。)
 2019年度は環境配慮契約法基本方針の変更が施行され、契約類型に「建築物維持管理」が追加されたことにより、エコチューニング技術者、エコチューニング認定事業者が、業務受託に有利となる時代が到来することが想定されます。
 お客様へのエコチューニング導入提案にあたり、初年度はお客様からエコチューニング業務に伴う報酬はいただかず、エコチューニングによる光熱水費の削減効果を実際に見ていただいてから契約を締結するなどの方法も考えられますので、エコチューニング推進センターが実施する最大30万円までの資金援助をご活用いただき、積極的にエコチューニング導入を提案してみてはいかがでしょうか。
 当該事業概要ならびに募集要領を添付いたしますのでご一読いただき、是非この機会に「エコチューニングチャレンジ40」へご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

敬具


1.エコチューニングチャレンジ40の目的

 「エコチューニングチャレンジ40」(※1) は、継続的なエコチューニング契約締結に向けて、ビルオーナー等への提案や交渉等を行うエコチューニング事業者の皆様を、エコチューニング推進センターが、技術面、営業面、資金面から支援する事業です。
 この事業をきっかけに、契約文面・仕様書を変更していただき、継続的にエコチューニングが実施されることを目指します。
 2018(平成30)年度のエコチャレ40 (※2) では、8件の応募案件中、3件の契約が実現しました(別添「2018エコチャレ40成果報告」参照)。また、8件中3件については現在も契約実現に向けて取り組みが継続されています。
 2018エコチャレ40の成果を更に拡大するために、2019年度のエコチャレ40を開始いたします。
 (※1) パリ協定における業務部門の削減目安である40%を目指す意味を込めています。
 (※2) エコチューニングチャレンジ40の愛称です。

2.エコチューニング契約の種類

 エコチューニングの業務は、大別するとコンサルティング型(診断、計画策定、運用改善の実践指導、成果報告と改善提案)、設備管理包括型(診断、計画策定、運用改善の実践、成果報告と改善提案)の2つに分けることができます。
 エコチューニング契約は、コンサルティング型、設備管理包括型のいずれにおいても、その契約文面・仕様書に「エコチューニングを行うこと」が何らかの表現で明記されているものを指します。
 そして、その対価・報酬を“固定報酬”、または“変動・成果報酬”、として明確に区分して受け取るものと、“従来の設備管理業務に包含”して受け取るものに分けられます。

 ※エコチューニング契約内容を、既存契約の変更契約で対応する方法、既存契約とは別契約を締結する方法のいずれも想定されます。
 ※対価・報酬は、固定報酬と変動・成果報酬の組み合わせも想定されます。

    【ご参考】各用語の定義(エコチューニング推進センター設置規程より)

3.エコチューニングチャレンジ40の支援内容・実施体制

 本支援事業を契機に、エコチューニング契約の締結ができるよう、エコチューニング推進センターが営業面、技術面、資金面での支援を致します。

 本支援事業では、エコチューニング契約の締結を目指しています。このため、既存管理契約の更新時期を見計らうことが、重要なポイントとなります。

 ○設備管理包括型においては、既存の設備管理に関する契約期間の更新時期に、契約文面・仕様書を変更して契約を締結することが想定されます(なお、既存の設備管理に関する契約期間中であっても、変更契約を締結する、エコチューニングに関する実施事項だけ追加で契約する、ということも考えられます)。

4.エコチューニングチャレンジ40参加要件

 1)エコチューニング認定事業者であること。
 2)エコチューニング契約締結にチャレンジすること。
 3)応募時点で、チャレンジ物件候補を、具体的に提示すること
 4)実施報告書を作成・提出すること
  (契約交渉記録、可能な範囲での契約文言、エコチューニング計画概要等を含む)
 5)チャレンジ終了後、エコチューニング推進センターからのヒアリングに応じること
  (契約交渉の経緯、成功のポイント(上手くいかなかった場合はその理由)など)
 6)エコチューニング普及に協力すること
  (推進センターの開催するセミナー等での講師としての協力、事例集作成への協力等)

 ※対象となる物件の、用途や規模、所在地は問いませんが、過去にエコチャレ40で採用された案件による申し込みはできませんので、ご了承ください。
 ※チャレンジ終了後に、エコチューニング推進センターからのヒアリング(対面での聞き取り)に協力いただくことがあります。場所は東京都内を予定しております。
  場所は東京都内を予定しております。
 ※チャレンジの結果、エコチューニング契約を締結できなかった場合にも実施報告書を提出いただき、支援金はお支払いします。(チャレンジ終了後に一括してお支払い)
 ※2018エコチャレ40に参加された案件については、資金面を除く営業面、技術面の支援を継続します。
  (チャレンジ終了後に一括してお支払い)

5.募集件数

 ・募集件数は、15案件を予定しています。(※原則、1事業者で1案件のみの応募とします)
 ・契約締結支援金は、1案件につき30万円です。(※契約締結支援金は助成金に該当するため非課税となります。)
 ・エコチューニング推進センターにおいて、申請内容を審査の上、選定致します。
 ・審査は、「エコチューニング契約が締結できる見込みがあるか」という観点を最も重視しますが、建物の
  用途・規模・地域等のバランスも考慮することもあります。

6.募集期間

<募集期間>  2019年7月5日(金)~7月19日(金) ※応募の中から15案件を選定します。
<結果通知>    2019年7月下旬
<実施期間>    2019年8月~2020年3月末
 ・中間報告    2019年10月末頃を予定
 ・最終報告    2020年3月末を予定
<支援金のお支払> 2020年3月末
<ヒアリング>   2020年4月~5月を予定

7.参加申し込み

 以下の参加申込書に必要事項を記載の上、募集期間内にE-Mailにてエコチューニング推進センターまで送信ください。(原紙の郵送は不要です。) 皆様のチャレンジ(応募)お待ちしております。

 【Excel】参加申込書(-契約締結支援事業-2019年度 エコチューニングチャレンジ40)

 【PDF】募集要領(印刷用)

 【PDF】2018エコチャレ40成果一覧

お問合せ先
 公益社団法人 全国ビルメンテナンス協会 エコチューニング推進センター
  Tel : 03-6806-7311 E-Mail : eco-tuning@j-bma.or.jp
   担当:関根・奥島

 

ページトップ