イベント

平成23年度第4回ビルメンテナンス研究発表賞・事例発表賞

審査結果発表

【研究発表賞】

◆優秀賞

研究発表者:○正田 浩三氏(東京美装興業㈱), 垣鍔 直氏(名城大学),杖先 壽里氏(名城大学)

発表テーマ:オフィスビル内における美観度評価に関する研究(その2)

         (2009年日本建築学会学術講演会発表) p>

概要:清掃会社では、清掃管理状況を把握するため管理基準を設定し、清掃内容と美観度を定量的に評価している。しかし、ビル利用者がビルの美観度をどう評価しているかは把握されていない。そこで、本研究では、清掃会社が実施している直接的な美観度評価と間接的な管理評価の関係を分析した。また、利用者による美観度調査と清掃管理者の美観度調査を比較し、両者の美観度に対する意識の違いを明らかにした研究報告。

【事例発表賞】

◆優秀賞

研究発表者:○齋藤 真基氏(㈱ハリマビステム)

発表テーマ:病院清掃と人材育成

         (日本環境管理学会大会2011第24回研究発表会発表)

概要:病院清掃の従事者には、基礎的な清掃の知識や技術以外に感染症に関する知識、針刺し事故防止、患者対応接遇、洗剤や薬剤の液性による危険性など、広範囲な知識が必要である。しかしながら、ビルメンテナンス会社の作業スタッフは60歳以上の高齢者が大半を占めており、苦手分野である必要知識の習得には、大きな弊害が立ち塞がっているのが実情である。そこで、現場の抱える問題と高齢者職場の人材育成に取り組んだ事例報告。

(注)所属先は平成24年7月当時です。

募集案内

 当協会では「研究表彰規程」に基づき、ビルメンテナンス会社等に所属されるみなさまが発表された、研究及び事例を募集いたします。自薦・他薦は問いませんので、奮ってご応募ください。
 平成21年度より、「ビルメンテナンス事例発表賞」を設けました。
 都道府県ビルメンテナンス協会で発表された改善事例等も応募可能です!!
 1.表彰の種別
 「平成23年度ビルメンテナンス研究発表賞・事例発表賞」及び「平成23年度ビルメンテナンス事例発表賞」種別ごとに最優秀賞1名、優秀賞若干名を表彰する。
 2.表彰の対象
 平成21年6月1日~平成23年5月31日の期間に、学術団体(学会)や公益法人等の非営利団体、各地区ビルメンテナンス協会などが発行、主催する会誌や研究集会等において口頭もしくは誌面発表したビルメンテナンス技術の進歩に寄与する業績(研究及び事例)
 3.表彰の対象者
 (1)ビルメンテナンス業及びその関連業の会社に所属する個人もしくは組織であること。
 (2)応募時点で、当該業績が他の団体の表彰を受けていないこと。
   ただし、日本環境管理学会大会-研究発表会-の「ビルメンテナンスの現場から」、
   並びに当協会及び都道府県ビルメンテナンス協会主催行事の表彰は、
   この限りではありません。
 4.申請方法
 下記の申請書類を提出先に、提出期限日までに郵送してください。
 なお、応募申込書は本ページからダウンロードしていただくか、問い合わせ先にご請求ください。
 (1)応募申込書-1部
 (2)発表した研究論文・事例報告等の別刷もしくはコピー-2部
 5.申請書類提出期限
 平成24年4月26日(木) 必着
 6.受賞者の決定及び表彰式
 受賞者は、応募のあった者の中から選考委員会における審査を行い、決定いたします。
 なお、受賞者には、当協会会長より賞状と賞金を授与いたします。
 また、当協会月刊誌「ビルメンテナンス」に受賞内容を紹介いたします。

 表彰式(予定):平成24年度 公益社団法人全国ビルメンテナンス協会 表彰式
  日時/平成24年7月下旬
  場所/東京都

 7.提出先・問い合わせ先
公益社団法人全国ビルメンテナンス協会 事業部事業企画課
 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-12-5ビルメンテナンス会館5F
  TEL:03-3805-7560 FAX:03-3805-7561 e-mail:info@j-bma.or.jp
    (担当:下平智子、中村孝之)
関連ファイル
  応募申込書(Adobe PDF)
  応募申込書(Microsoft Office Word)
  全国ビルメンテナンス協会研究表彰規程(Adobe PDF)

 

関連ページリンク
  平成23年度ビルメンテナンス研究助成要領
  平成22年度ビルメンテナンス研究発表賞・事例発表賞
地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら