エコチューニング推進センター

エコチューニングの成果

平成26年度エコチューニングビジネスモデル確立事業での成果

平成26年度エコチューニングビジネスモデル確立事業では、主に次の6項目の事業を実施しました。

  • 全国約200棟での実践・効果検証と技術の体系的整理
  • 遠隔支援ビジネスモデルの実践・効果検証
  • 技術者資格認定制度・事業者認定制度の創設に向けた検討
  • エコチューニングビジネスモデルの確⽴に向けた検討(ニーズ調査・事業推進方法・契約スキーム等)
  • 「エコチューニングビジネスモデル確⽴検討会」の開催
  • シンポジウムの開催・成果発表等

POINT1. エコチュー二ングによるCO2と光熱水費削減の効果

\ エコチューニングの試行で、CO2を約8千トン削減 /

実践建築物でのCO2削減結果

\ 光熱水費に換算すると約4億円を削減 /

実践建築物の光熱水費削減額(試算)

平成26年度に実施した環境省の委託事業「エコチューニングビジネスモデル確立事業」では、平成26年7月から7ヶ月間に渡って、全国約200棟の建築物でエコチューニングを実践しました(※)。7ヶ月の実践後、過去3カ年の平均CO2総排出量の7.5%が削減され、光熱水費に換算すると約4億円を削減する成果が得られました。

(※)入居率や利用率の増減など大幅な変動要因(排出量の増加や15%以上の大幅減少)があった建築物を除く135棟の削減額。

POINT2. エコチューニングビジネスモデルの確立に向けて

平成26年度より、エコチューニングをビジネスモデルとして確立するための検討を実施してきました。エコチューニングをビジネスにつなげるためには、適切な制度設計を行い、事例・実績等を積み上げていくことが必要であり、エコチューニングを推進するための組織が必要です。

エコチューニングのビジネススキーム

エコチューニング推進センターの創設にあたっては、環境省の公募による指定を受け、公益社団法人全国ビルメンテナンス協会内に設置することとしています。

POINT3. 平成26年度事業の成果発表会について

平成26年度の事業の成果や、制度の構想、今後の展望等を発表するため、環境省は平成27年3月12日に『業務用建築物等の「エコチューニング」による低炭素化・省エネビジネス創出シンポジウム』を開催しました。 次の特設ホームページに当日配付資料も掲載しています。

【関連リンク】 平成26年度『業務用建築物等の「エコチューニング」による低炭素化・省エネビジネス創出シンポジウム』特設サイト

POINT4. 平成27年度 セミナーや事業の成果発表会について

平成27年度は、平成28年1月~2月に全国9か所でセミナーを開催し、これまでの事業の成果や先進事例等から、エコチューニングによるCO2削減やコスト削減等の効果、技術者資格認定制度・事業者認定制度とビジネスモデルの概要、今後の展望等を紹介しました。

【関連リンク】 平成27年度 環境省「エコチューニングによる業務用等建築物の低炭素化・コスト削減セミナー」

また年度末には、成果発表会として、27年度のエコチューニング実践の成果から、エコチューニングによるCO2削減・コスト削減等の効果や、技術者資格認定制度の募集開始案内、事業者認定制度の詳細案内等を発表しました。

【関連リンク】 「平成27年度 エコチューニングビジネスモデル確立事業 成果発表会」

POINT5. 平成28年度のセミナーとシンポジウムについて

平成28年度は、平成28年11月から12月にかけて全国5か所でセミナーを開催し、エコチューニング認定制度とビジネスモデルの概要、これまでの事業の成果や先進事例等から、エコチューニングによるCO2削減やコスト削減等の効果、実践の事例や今後の展望等を紹介しました。

【関連リンク】 平成28年度 環境省『業務部門のCO2削減を実現する「エコチューニング」セミナー』

また、委託事業最終年度の総仕上げとなった平成28年度のシンポジウムでは、これまでの成果や先進事例等から、エコチューニングによるCO2削減やコスト削減等の効果、認定制度やビジネスモデルの概要、関連する国内施策等を紹介しました。また、パネルディスカッションにおいてはエコチューニングの今後の展望について議論を行いました。
地方公共団体・ビルオーナー・ビル管理者等の皆様に、より建築物の省エネルギー化に取り組んでいただくため、国内施策等をご案内するプログラムも構成し、今後のエコチューニングの役割について展望しました。

【関連リンク】 平成28年度 業務用等建築物のための「エコチューニング」シンポジウム

ページトップ