エコチューニング推進センター

ニュース

2017/7/24「エコチューニング経営塾」の開催報告

 エコチューニング推進センターは、第1回目となる「エコチューニング経営塾」を開催しました。
 この経営塾の位置づけは、推進センターと認定事業者の情報の共有、認定事業者間の情報交換、ビジネスモデルの充実・前進を図ることにあり、これまでのエコチューニングの意義や技術を中心とした研修とは異なり、エコチューニング契約や営業のポイントなどを説明の中心に据えるものとしました。経営塾参加者からは、エコチューニングを使って収益をあげていこうという姿勢を会場全体から感じることができました。
 その反面、参加したすべての事業者が、エコチューニング業務契約を具体化していくことについての不安をまだ拭えたわけではないと思われます。何よりも具体的な契約事例を実現していくことが、エコチューニング推進センターには求められていることを実感する結果ともなりました。
 今後は、エコチューニング需要者であるオーナー等への働きかけを強化していくつもりです。そのための方策を検討し、必要となればエコチューニング事業者との協働でオーナーへの働きかけも試みたいと考えています。また、オーナーや認定事業者からの要請があれば、エコチューニング推進センターがオーナーと認定事業者の間に立って、中立な立場から契約の相談に応じていける体制の準備も必要であると考えています。

●開催報告書(PDF)はこちらから icon-pdf

(参考)開催案内時のページ

ページトップ