JBMA危機対策室

JBMA危機対策室

社団法人全国ビルメンテナンス協会
経営労働委員会 危機対策室

◆危機対策室の設置について
 昨年の金融危機に端を発した経済不況は当業界にも確実に及んできています。国内景気の落ち込みは依然として、底を打つ気配がなく、持ち直し時期は見通せない状況になっております。昨年の12月には、セーフティネット保証に関する業種指定を受けました。 この世界同時不況の様相を呈している現下において、確かに、経済危機の規模はあまりに大きく、一産業の中で何かができるという範囲を超えていると言わざるを得ません。しかしながら、少なくとも業界の危機対策にリンクする情報の収集、発信、業界要望の集約、必要に応じた関係機関への要請活動などを専業的に取り扱う機関を設置して、当面、進行する経済危機への対応を行っていく必要があるとの考え方で危機対策室を設置することと致しました。
 このような考え方で危機対策室では情報の収集にあたっていきます。特に国や自治体などのビルメンテナンス業にリンクする経済施策、金融財政施策などの情報や財界、労働界、学界などから発表される政府要望などの情報と企業経営レベルの参考事例(環境エネルギー問題や雇用対策など)を中心にこの専用サイトで随時、報告いたします。また、皆さま方からも上に記したような、地域における取り組み、情報のご提供がいただければと思います。専用の「ご意見箱」を設けておりますので、積極的なご活用をお願いいたします。

  

2009年12月15日(火) (掲載日)
中小・小規模企業の資金繰りの支援について  (発信元-中小企業庁)
  12月15日より条件変更対応保証制度が開始されます。これまで公的金融とお取引のない方でも、信用保証協会による返済負担軽減支援を受けられるようになります。
地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら