通達・改正法規 カテゴリー

遊泳用プールの衛生基準について

1 水質基準
(1) 水素イオン濃度は、pH値5.8以上8.6以下であること。
(2) 濁度は、2度以下であること。
(3) 過マンガン酸カリウム消費量は、12mg/L以下であること。
(4) a 遊離残留塩素濃度は、0.4mg/L以上であること。また、1.0mg/L以下であることが望ましいこと。b 塩素消毒に代えて二酸化塩素による消毒を行う場合、プール水の二酸化塩素濃度は0.1mg/L以上、0.4mg/L以下であること。また、プール水の亜塩素酸濃度は1.2mg/L以下であること。
(5) 大腸菌群は、検出されないこと。
(6) 一般細菌は、200CFU/mL以下であること。
(7) 総トリハロメタンはおおむね0.2mg/L以下が望ましいこと。

(改正の考え方)
1 濁度は、遊泳者の衝突事故の防止のため、水平方向の視界の確保を考慮し、水中で3mの視界が確保できる水準とするものです。
2 大腸菌群は、水道水質基準及び学校プールの衛生基準と同一とするものです。
3 一般細菌は、塩素消毒抵抗性の菌類に対する指標及びプール水の一般的清浄度を示す一つの目安となるので設定するものです。
4 総トリハロメタンは、水道水質基準での基準が0.1mg/L以下であることや、プール水と水道水との用途の相違等を踏まえ、暫定目標値として設定するものです。

2 施設基準
(1) 排水設備
 排水口及び循環水の取入れ口には、堅固な格子鉄蓋や金網を設けてネジ・ボルト等で固定させる(蓋の重量のみによる固定は不可)とともに、遊泳者等の吸い込み防止金具等を設置すること。また、蓋等を固定する場合には、触診、打診等により、蓋等の欠損、変形、ボルト等の固定部品の欠落・変形等がないか確認し、必要に応じて取り替えるなどの措置を講じること。
 なお、排水設備は排水路を含め、周辺の生活環境に十分配慮した構造とすること。
(2) 浄化設備
 処理水質は、循環ろ過装置の出口の濁度を計器を用いて測定し、0.5度以下(0.1度以下が望ましい。)を確保できる能力を有すること。また、循環ろ過装置の出口に検査のための採水栓又は測定装置を設けること。
(改正の考え方)
1 排水設備については、遊泳者の吸込み防止のための措置を具体的に記載するものです。
2 浄化設備については、ろ過性能のチェックのために、循環ろ過装置の出口の濁度を適正に管理できるような構造とするものです。
3 維持管理基準
(1) プール水の水質検査は、遊離残留塩素濃度については、少なくとも毎日午前中1回以上及び午後2回以上(これのうち1回は、遊泳者数のピーク時に測定することが望ましい。)、水素イオン濃度、濁度、過マンガン酸カリウム消費量、大腸菌群及び一般細菌については、毎月1回以上、総トリハロメタンについては、水温が高く遊泳者数が多い時期に毎年1回以上定期的に行うこと。
 なお、利用者が多数である場合等、汚染負荷量が大きい場合には、遊離残留塩素濃度を始めとする水質検査の回数を適宜増やすこと。また、その他の水質検査についても同様とすること。
(2) ジャグジー、ホットバス等の設備(エアロゾルを発生させやすい設備、水温が比較的高めの設備、その他これに類似する設備)がある場合は、その設備の中の水について、レジオネラ属菌の検査を年1回以上行い、レジオネラ属菌が検出されないことを確認すること。
(3) 足洗い場及び腰洗い槽の項目→[削除]
(改正の考え方)
1 水質検査回数は、遊離残留塩素濃度を1日2回以上から3回以上とするものです。また、新たに追加した基準項目について検査回数を設定するものです。
2 レジオネラ属菌については、汚染される可能性がある付帯設備について基準を示すものです。
3 遊泳前の洗浄は 現在では、足洗い場及び腰洗い槽に代えてシャワー洗浄が多くなっていることを受けて削除するものです。
4 その他
 所要の経過措置を設ける。

(改正の考え方)
 今回の改正の中には、構造設備の変更や検査項目の追加とがあるため、経過措置を設けることとします。


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら