お知らせ カテゴリー

2012年・節電・省エネ・省コストセミナー

2012年・節電・省エネ・省コストセミナー

 

  我が国の社会・経済・産業にとって、エネルギー需給の安定は最重要テーマであるが、3.11大震災および福島原発問題によって危うい状況が続いている。加えて、円高・産業空洞化・一次エネルギーコストの増加・火力発電比率増加による地球温暖化ガス増加など、複雑多様な懸案・課題が伸し掛ってきている。

 昨夏は、特に東京電力エリアにおいての計画停電や企業側の輪番休業など、国民総連動的な節電活動が進められ一定以上の成果が達成され、その成果数値や対策項目・手法も多様な組織や企業等からも公表された。

 それらは、トップダウン的かつ緊急的な対応で為された面が強いが、照明や空調の面では執務環境を許容以上に低下させての実行も少なからず散見され、今夏においては是正が必要である。

 本セミナーでは、そうした状況を網羅的に把握・分析し、より効果の高い節電を省エネ手法や「見える化」、コンプライアンス面(省エネの補正など)対応等を含むトータル的マネジメント手法の共有を目指している。

  ■ 東京-平成24年4月25日(水)
          ■ 大阪-平成24年4月23日(月)
            ■ -平成24年4月26日(木)

  13:30~17:00

  ■ 東京オリナスタワー (東京都墨田区)
          ■ 大阪大阪証券取引所ビル (大阪市中央区)
            ■ 福岡福岡朝日ビル (福岡市博多区)

 

  各会場 80名

  2,000円 (消費税・テキスト代含む)

 1.国のエネルギー政策状況(省エネ法改正、総合エネルギー政策)
         2.昨夏の節電・省エネ状況と今夏の課題
         3.電力会社プレゼン
         4.公的支援制度活用による推進
         5.節電・省エネ事例①(ビルオーナー)
         6.節電・省エネ事例②(ビルマネジメント)
         7.節電・省エネ事例③(ビルメンテナンス)
         8.節電・省エネ事例④(テナント、ユーザー)

 東京会場の講演者はこちら | 大阪会場の講演者はこちら | 福岡会場の講演者はこちら

  参加費を申込書に記載された銀行口座へお振込みいいただき、申込書に必要事項を記入後、

           振込金受領書・銀行送金帳など入金が確認できるもののコピーを添えてFAXにてお申し込み下さい。
            受付後、参加票をFAXにてお送りします。当日は参加票をご持参下さい。

 

▼開催報告ページはこちらから 

  各会場、開催日の1週間前までにお申し込みください。

 

 

大阪府、福岡市、東京商工会議所、大阪商工会議所、福岡商工会議所、(社)日本ビルヂング協会連合会、(一社)東京ビルヂング協会、(社)大阪ビルディング協会、九州ビルヂング協会、(公社)日本ファシリティマネジメント協会、(公社)東京ビルメンテナンス協会、(一社)大阪ビルメンテナンス協会、(公社)福岡県ビルメンテナンス協会、東京都地球温暖化防止活動推進センター(クールネット東京)、東京建物(株)、平和不動産(株)、日本メックス(株)、(株)朝日新聞社、『月刊総務』

 


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら