試験・講習・イベント カテゴリー

「21世紀・都市と生活の環境設計」開催のお知らせ(日本学術会議)

第4回 生活環境設計シンポジウム

1.日時:2001年11月27日(火)13:00~17:00
2.会場:日本学術会議大会議室(東京都港区六本木7-22-34)
  会場へのアクセス:地下鉄千代田線「乃木坂」駅5番出口 徒歩1分
3.参加:(入場無料/当日直接会場へお越し願います)
4.プログラム:
<主旨説明>石山修武(早稲田大学/生活環境設計専門委員会委員長)
<司会>鈴木博之(東京大学/生活環境設計専門委員会委員)
<パネリスト>
○有馬孝礼(東京大学 林学)
「環境問題を考えるときに、つねに自然、とりわけ森林資源の位置づけが問題とさ
れる。21世紀の森林はわれわれにとって、どのような意味と可能性をもつものなのか。森林はわれわれに何をなすのか、われわれは森林に対して、何をなすべきなのか。」
○落合恵美子(国際日本文化研究センター 近代家族論)
「21世紀の家族像はどのようなものになるのか。何が新しい変化の要因なのか。それは社会の意味や構造をどのように変化させるのか。われわれは家族像の変化に対して何かをなしうるのか。われわれは生き延びられるのか。」
○外岡豊(埼玉大学環境工学 経済学)
「都市や建築における環境問題の根底にあるものは何なのか。地球持続のための技
術体系と社会システムはどのように組み合わされてゆくべきなのか。そしてそれは可能なのか。理論的解決と現実的システム構築の間にはどのような問題が横たわっているのか。」
○藤森照信(東京大学 建築学)
「21世紀の都市と建築の本質はどのようなものなのか。そこにかかわる専門家にはどのような能力と資質が求められるのか。21世紀の都市と生活における生き甲斐とは何なのか。そのために求められる専門教育はどのようなものか。」
○松岡正剛(帝塚山学院大学 編集工学)
「21世紀の都市と生活の環境を決定する要素とは何なのか。情報化といわれるものの本質は何であり、それは都市と生活に対して、どのような変化をもたらすのか。その変化のなかで人間はどのように変わるのか、あるいは変わらないのか。」
<委員>
隈研吾(慶応大学)/仙田満(東京工業大学)/盛岡通(大阪大学)/渡辺義公(北海道大学)
■シンポジウムに関する問い合わせ:日本学術会議
 電話03-3403-5706


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら