お知らせ カテゴリー

障害者就業支援を強化・雇用義務違反企業、罰金の対象拡大/厚生労働省

 厚生労働省は障害者や母子家庭の母親などの就職を支援するための対策を強化します。障害者の法定雇用率を満たしていない場合に罰則を科す企業の対象を拡大し、「障害者就業・生活支援センター」を増設するなどして、5年間で就職者数の3割増を目指します。母子家庭の母親を正社員にした中小企業への助成制度も始め、「社会的弱者」と呼ばれる人たちの経済的自立を後押しすることで、社会保障費を圧縮する狙いもあります。

 厚生労働省は障害者雇用促進法の改正案を今国会に提出する方針です。

 同法は従業員56人以上の企業に障害者を1.8%以上、雇用するよう義務付けています。301人以上の大企業には目標に達しない場合、「罰金」も科していますが、厚生労働省はこの対象を段階的に101人以上の中小企業にまで広げます。

厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/

厚生労働省・障害者対策

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/shougaisha.html


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら