お知らせ カテゴリー

「ビルの運用改善と節電・省エネルギー」セミナー開催報告

 

 (公社)全国ビルメンテナンス協会と(社)日本ビルエネルギー総合管理技術協会は、去る6月16日、機械振興会館(東京都港区)で、「ビルの運用改善と節電・省エネルギー」セミナーを開催しました。

 本セミナーは東日本大震災に伴い、今夏予想される電力供給不足に対して、「今、ビルメンテナンスで何ができるのか」をテーマに、行政、研究者、企業、ビルメンテナンスから4名の講師を迎えて開催されました。両団体の会員企業の設備担当者など120名が参加しました。

 最初の講演は、経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー対策課の大野敬介課長補佐が、「夏期の電力需給対策について」の演題で、節電に関する政府の具体的な取組や施策、企業や家庭に対する節電サポート事業の概要を解説しました。(同講演の資料はこちら )

 続いて、東京海洋大学の亀谷茂樹准教授が「エネルギー消費データに基づく業務用建築物の節電効果の算定」と題し、非住宅建築物のエネルギー消費に係るデータベースをもとに、節電効果の分析と節電のポイントを紹介しました。(同講演の資料はこちら )

 3番目は、「戦う総務の節電・省エネ」をテーマに、キヤノンマーケティングジャパン(株)総務部品川総務課の斉藤金弥課長が、キヤノンSタワーにおける、ビルの運用改善による省エネ事例を報告しました。(同講演の資料はこちら )

 最後に、「節電対策としての省エネルギー」と題し、(社)日本ビルエネルギー総合管理技術協会技術委員会の橋本有史委員長(三幸㈱代表取締役社長)が、同委員会がとりまとめた報告書等を参考に、ビルメンテナンスにおける具体的な省エネ手法について解説しました。(同講演の資料はこちら )

 各講演後は、参加者よりそれぞれ熱心に質問が寄せられました。

 ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

 


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら