お知らせ カテゴリー

被災地支援キャンペーン『被災学校に清掃用具を!』

<ご報告> 2012年02月02日掲載

会員各位にご協力を賜り実施した、被災地支援キャンペーン『被災学校に清掃用具を!』(第2弾)につきまして、この度 報告書  をまとめました。

 今回のキャンペーンで被災学校に清掃用具を送る活動は、合計2回となりました。私たちは被災地を訪問することより、改めて復興までの道のりは遠く、状況は依然として厳しい現実であることも理解しました。
 その一方で清掃用具を提供した学校、教育機関からは数多くのお礼の声をいただいております。これは、善意の輪が確実に広がっている結果であると考えます。キャンペーンにご賛同いただいた会員企業を始め、関係各位に改めてお礼を申し上げます。


<ご報告:速報> 2011年10月25日掲載

 JBMAニュースに、キャンペーン第2弾のご報告【速報】を掲載いたしました。こちらからリンクしております。


会 員 各 位

震災復興支援

第二回目『被災学校に清掃用具を!』

 東日本大震災におきましては、被災された皆さまに、心からお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。また、会員の皆さまにおかれましては、平素より、弊会事業にご理解、ご支援を賜り厚く御礼を申し上げます。

 さて、当協会では、会員各位のご協力の下、震災復興支援として「被災学校に清掃用具を!」を4月より行って参りました。約100社の会員企業の協力のもと、3万点におよぶ清掃用具を提供頂き、7月までに、支援を必要とする岩手県・宮城県・福島県下の50団体以上に清掃用具を配布して参りました(実施報告書を公表しています。)。援助金をはじめ第一回目の支援物資のご提供頂いた会員を含め、全ての会員の皆様に感謝を申し上げます。

 本活動を行っておりますと、被災地の学校は避難所等になり、物品も大変不足している現状がよくわかりました。夏まっさかりの今、清掃用具とりわけ衛生用品への必要性が高まっています。復興過程は現在も続いており、引き続き本活動の継続の必要があると判断し、本支援の第二弾を実施することといたしました。

 会員各位におかれましては、この大震災による経営的苦難も推察するところでありますが、何卒、本趣旨にご理解いただき是非とも清掃用具をご提供いただきたく下記の通りご案内申し上げます。ご多忙のところご面倒をおかけいたしますが、何とぞご協力のほどお願い申し上げます。

1.ご提供いただきたい清掃用具

ホーキ、チリトリ、モップ、モップ絞り器、デッキブラシ、トイレブラシ、バケツ、ぞうきん(タオル)、清掃用洗剤、トイレ用洗剤、タワシ、ゴム手袋等

機械類の需要も多くあり、ポリッシャー、高圧洗浄機、掃除機などは中古でも受付いたします。

※提供品は、使用していない新品(未使用品)をお願いします。

※提供品の送料は、会員各位にてご負担をお願い申し上げます。

2.二回目受付期限 : 平成23年8月31日 

3.提供清掃用具の送付に関してのお願い事項

別紙、提供清掃用具リストをFAXでご提出した上で、以下の送付先まで、お送りください。後日、報告書等を送付申し上げますので、よろしくご提出の方お願い申し上げます。

提供清掃用具リスト 


事務局担当  東日本大震災ビルメンテナンス対策本部(事務局担当)

電話:03-3805-7560 FAX:03-3805-7561

~ 公益社団法人全国ビルメンテナンス協会会員各位に呼びかけ実施しました ~


<ご報告:第三報> 2011年6月28日掲載

 会員各位にご協力を賜り実施した、被災地支援キャンペーン『被災学校に清掃用具を!』につきまして、この度 報告書  をまとめました。

 今回、本キャンペーンを通じて、現地の学校は避難所等になり、物品も大変不足している現状がよくわかりました。会員各位もこの地震による経営的苦難も推察するところでありますが、多数の会員から、援助金はじめ支援物資も提供頂けましたことは、大変力強く感じるところです。
 このような活動は、夏に向けまだまだ、清掃用具とりわけ衛生用品は必要だと感じますし、ビルメンテナンス業界が社会にできることはまだまだあると思います。
 今回、ご協力頂いた会員はじめ、全ての会員の皆様に感謝申し上げます。今後とも応援のほどよろしくお願い申し上げます。


清掃用具を支援提供した学校より、お礼の手紙をいただきました (掲載:6/10)

<ご報告:第二報> 2011年6月6日掲載

 JBMAニュースに、キャンペーンのご報告【第二報】を新たに掲載いたしました。こちらからリンクしております。


<ご報告:第一報> 2011年5月23日掲載

 会員の皆さまのご協力の下、続々と清掃用具をご提供いただき、現状、30品目12,000個以上の品物を頂いております。会員の皆さまのご協力、誠にありがとうございます。
 そのような中、宮城教育大学様へ支援した清掃用具が活用された写真が届きましたので、ご報告申し上げます。
 宮城県名取市内の洞口家《国指定》有形文化財建造物での「東日本大震災」被害の後片付けに活用された際の写真です。広く活用されるよう今後も努力して参ります。

<洞口家>
 http://www.city.natori.miyagi.jp/soshiki/kyouiku/bunka/annai/node_1784/node_1461/node_1578

以上


 去る3月11日発生しました東日本大震災におきましては、被災された皆さまに、心からお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。また、会員の皆さまにおかれましては、平素より、弊会事業にご理解、ご支援を賜り厚く御礼を申し上げます。

 さて、いま被災地の多くの学校では、机やいす、文房具だけではなく、清掃用具を求めている学校も多数存在しています。これまで、当協会は「ビルメンこども絵画コンクール」をはじめ、「小学校清掃指導マニュアル」など、ビルメンテナンスに関わる教育機会、教育素材を提供して参りました。

 そのような中、文部科学省の「子ども学びの支援ポータルサイト」に、掃除用具に関する支援提案を出したところ、ユネスコスクール(文部科学省日本ユネスコ国内委員会)事務局の財団法人ユネスコ・アジア文化センター様やその他ボランティア団体より、支援を受けたいとの連絡があり、今後も、こういった要請依頼があると考えております。当協会としては、支援提案もあわせて考えております。

 つきましては、会員の皆さまには、是非とも清掃用具をご提供いただきたく下記の通りご案内申し上げる次第です。ご多忙のところご面倒をおかけいたしますが、何とぞボランティア精神をもってご対応のほどお願い申し上げます。皆さまから寄せられた清掃用具は、全国ビルメンテナンス協会が、希望する学校や団体に責任を持ってお届けすることをお約束申し上げます。

1.ご提供いただきたい清掃用具

 ホーキ、チリトリ、モップ、モップ絞り器、デッキブラシ、トイレブラシ、バケツ、ぞうきん(タオル)、清掃用洗剤、トイレ用洗剤、タワシ、ゴム手袋等

※提供品は、使用していない新品(未使用品)をお願いします。

※提供品の送料は、会員各位にてご負担をお願い申し上げます。

2.一次受付期限 : 平成23年5月31

受付を閉め切りました。たくさんのご提供ありがとうございました

3.提供清掃用具の送付に関してのお願い事項

 別紙、提供清掃用具リスト をFAXでご提出した上で、以下の送付先まで、お送りください。

4.提供清掃用具の送付先

 用具が希望学校に確実に届けられるよう、集積・中継・送付をホンダロジコム(株)様(会長本多清治;当協会副会長-広報キャンペーン担当-)にご担当いただき、現地ではユネスコスクール様やそのほか支援希望団体様と連絡を取りながら送り届けます。

<送付先住所>

 〒496-0004

 愛知県津島市蛭間町宮重462

 ホンダロジコム(株) 津島物流センター

   (送付に関するお問い合わせ) 石黒センター長 TEL 0567-23-1900

5.事務局担当  東日本大震災ビルメンテナンス対策本部(事務局担当)

  電話:03-3805-7560 FAX:03-3805-7561

※ご協力会員各位の社名は、当協会媒体や報告書でご紹介します。


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら