お知らせ カテゴリー

シックハウス検討会の中間報告まとまる/厚生労働省

このほど厚生労働省は、平成14年1月22日、第9回シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会を開催し、中間報告書(その4)-第8・9回をまとめた。
今回の検討会では、新たにアセトアルデヒド及びフェノブカルブの室内濃度指針値が検討されたが、検討の結果、アセトアルデヒドの室内濃度指針値は、48μg/m3(0.03ppm)に、フェノブカルブの指針値は33μg/m3(3.8ppb)に策定された。

◆詳細
 厚生労働省 「シックハウス問題に関する検討会中間報告書(その4)」


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら