刊行物 カテゴリー

『警備業各種申請の手引き(四訂)』が発行されました

平成11年7月「地方分権の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」が、また、同年12月「民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」及び「地方公共団体の手数料の整備に関する政令」がそれぞれ交付されたこと等に伴い警備業法、同法施行令、同法施行規則及び警備員等の検定に関する規則の一部改正等整備が行われ、いずれも平成12年4月1日から施行となりました。これにより警備業関係の申請(届出)書式及び添付書類に一部変更がありましたので、それらの関係部分の修正を行いそれらの関係部分の修正を行い四訂として発刊しました。警備業を行っている企業にとっては、適正な警備業務を推進するため、必須の図書と思われますので是非購読をお勧めします。

平成12年8月発行
A4判/手引き136頁 様式47枚 定価2,500円(会員2,000円) 

<主な目次>
警備業開業手続一覧表/警備業務を営む上での各種の規制/各種申請届出一覧/認定(認定証更新)申請手続図表/責任者・管理者受講申込手続図表/営業所の法定備付書類/基地局の法定備付書類/〔付録〕改訂 警備業各種申請(届出)様式


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら