通達・改正法規 カテゴリー

内分泌攪乱物質対策(環境ホルモン問題)に関する声明文

日本フロアーポリッシュ工業会(JFPA=長島久孝会長)は、このほど「洗剤・洗浄剤・剥離剤へのアルキルフェノール系界面活性剤の使用自粛」について、声明文を発表した。
 現在、通商産業省は「特定化学物質の環境への排出量の把握等及ぴ管理の改善に関する法律」(PRTR法)に係る対象化学物質並びに対象事業者の選定作業を進めており、また一方では、内分泌撹乱物質対策(環境ホルモン問題)への国民の関心の高まりを受け、ビルのオーナーやテナントの問い合わせに応ずるために、ビルメンテナンス業界から「ビルメテテンスに使用する洗剤・洗浄剤・剥離剤に環境に影響を及ぼす恐れのある物質が混入されていないか」という質問が、同工業会事務局にしばしば寄せられているという。
 これらの質問に答えるため、同工業会は、基本理念、製品提供者としての使命と対応策、今後の方針等をまとめて会長名で声明文を発表することになった。


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら