通達・改正法規 カテゴリー

労働基準法一部改正案が可決・成立

労働基準法の一部を改正する法律(平成10年法律第112号〕が第143国会において9月25日可決成立し、公布された。主な改正内容は次の通り
①労働契約期間の上限を3年に延長することのできる労働者の規定。
②労働条件の明示事項の追加
③一ヶ月単位及び1年単位の変形労働時間制の運用
④時間外労働の適正化
⑤裁量労働の条件と運用
⑥年次有給休暇の付与日数の増加


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら