通達・改正法規 カテゴリー

改正「パートタイム労働指針」平成11年4月1日より施行

パートタイム労働者に対して事業主が講ずべき措置の一層の明確化等を図るため、パートタイム労働指針(事業主が講ずべき短時間労働者の雇用管理の改善等のための措置に関する指針)が改正され、平成11年4月1日から適用される。改正のポイントは、パートタイム労働者との労働契約に際して雇用主が実施すべき事項として、①労働条件の明示と雇入通知書の交付、②就業規則の整備、③年次有給休暇の付与日数、④健康診断の実施時期、などを明確に示していることである。


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら