試験・講習・イベント カテゴリー

【開催迫る】 「第1回 非常用自家発電設備 負荷試験 営業研修会」のご案内

建築物等に備え付けられている非常用発電設備は、消防法等によって、定期的に負荷をかけて作動試験を行うことが義務づけられています。しかし十分に徹底されていないことなどから、非常時に起動しないといったトラブルも散見されています。
現在は小型模擬試験装置が開発され、(1)停電を伴わず、(2)短時間で、(3)低価格で、高負荷試験を行うことができるようになりました。
(一社)全国非常用発電機等保安協会は、非常用発電設備負荷試験のビジネス手法を開発し、非常用発電設備に係る法令遵守・違反リスク回避と、非常時の国民の安全を推進しています。
このほど同協会より、全国ビルメンテナンス協会会員さま限定の【特別価格】にて本研修を提供いただけることになりましたので、ご案内いたします。

【主催】
一般社団法人 全国非常用発電機等保安協会

【福岡会場】 (終了)
■日時: 平成28年4月11日(月) 13:00~17:00
■会場: 福岡朝日ビル(福岡市博多区博多駅前2-1-1)
■定員: 50名
■申込締切: 4月8日(金)

【大阪会場】
■日時: 平成28年4月14日(木) 13:00~17:00
■会場: 新清風ビル(大阪市北区中津1-2-19)
■定員: 50名
■申込締切: 4月13日(火)

【東京会場】
■日時: 平成28年4月18日(月) 13:00~17:00
■会場: ビルメンテナンス会館(東京都荒川区西日暮里5-12-5)
■定員: 100名
■申込締切: 4月15日(金)

【研修内容】
1.主催者挨拶
2.消防機関挨拶
3.一般社団法人 全国非常用発電機等保安協会
(1) 消防法規・消防設備点検報告制度・消防用設備等又は特殊消防設備等の点検及び報告(法第17の3の3)
・非常用自家発電設備の点検基準及び点検要領
・罰則(点検報告をしない者又は虚偽の報告をした者)30万円以下の罰金又は拘留、両罰規程
(2) 負荷運転の重要性、模擬負荷運転の利点、模擬負荷運転動画
(3) 施主の理解を得るための営業提案方法、質疑応答
(4) テスト
4.フォーエバーオイル・タンクタイガー
(1) オイル下がりしない、長寿命オイルの紹介。潤滑オイルの重要性
(2) 燃料が劣化しにくい活性剤、燃料油庫の清掃と燃料油管理の必要性

【参加費】
20,000円 (研修受講者には、非常用発電機保安調査士の資格証を発行します)

【お申し込み方法】
こちらのお申込用紙(PDF)をダウンロードいただき、必要事項をご記入のうえ、FAX(03-5817-4363)にてお申し込みください。



【お問い合せ先】
一般社団法人 全国非常用発電機等保安協会
〒107-0052 東京都港区赤坂4 丁目2 番3 号 ディライトビル305 号室
TEL:03-3248-0881
http://www.sgsa.or.jp/


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら