試験・講習・イベント カテゴリー

「建築保全業務共通仕様書・同積算基準」講習会

(財)建築保全センター及び(財)経済調査会主催、(社)全国ビルメンテナンス協会等50団体協賛による「建築保全業務共通仕様書・同積算基準」講習会が、平成11年2月10日から3月12日までの間、下記要領により全国10地区で開催されます。
 近年、建築物の大型化等による施設の点検、保守業務の複雑化・多様化に伴い、これら業務の発注に必要な仕様書の明確化、業務費の積算方法の確立が期待されております。
 このような状況の中、(財)建築保全センターでは、建設省指導のもとに「建築保全業務共通仕様書」及び「建築保全業務積算基準」の平成6年版を発売しその普及を図っておりましたが、先の阪神淡路大震災を教訓に、この度建設省で耐震を考慮した保全の考え方を取り入れるなど「建築保全業務共通仕様書」の改定が行われました。
 そこで、(財)建築保全センターでは、建設省の監修のもと、これを使いやすく分かりやすいものに編集して、「建築保全業務共通仕様書」及び「同積算基準」の平成11年版を発刊しております。そして、これを機会に本図書の内容について廣く理解を図り、より効果的、適正に使用してもらうために、今回(財)経済調査会と協力して講習会が開催されることになったものです。
 皆様多数参加されますようご案内いたします。
1.講師(予定) 建設大臣官房官庁営繕部、地方建設局等営繕部担当官等
2.テキスト
 「平成11年版 建築保全業務共通仕様書」 定価6,900円(消費税含む)
 「平成11年版 建築保全業務積算基準」 定価6,400円(消費税含む)
 「平成11年版 建築保全業務報告書作成の手引き」 定価4,800円(消費税含む)
3.受講料 1名 11,000円(消費税含む)
4.申込み、問合せ先 (財)経済調査会各担当支部
5.講習会プログラム 
6.講習会日程と会場 


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら