通達・改正法規 カテゴリー

残留塩素測定法の改正 オルトトリジン法が廃止へ

平成12年12月26日付けで厚生省水道環境部長より各都道府県知
事宛に「水道水質に関する基準の制定について」の一部改正について
通達があった。
残留塩素の測定には、オルトトリジン試薬を使用するオルトトリジン法が
一般に利用されてきたが、今回の通達で来年4月1日以降は禁止され
ることになった。理由は従来からオルトトリジン試薬の毒性に関する知見
等を踏まえて検査方法から削除したものである。
法的には週1回の測定であるが、東京都内のビルでは残留塩素の測定
は毎日行うことを指導されている。オルトトリジン法の代わりに従来から
の分析法であるDPD法、電流法、もしくは、今回新たに加えられた吸光
光度法で行うことになる。

詳細はこちら
参考


■この記事へのご意見・ご感想をお寄せください

地区協会(会員専用)サイト

ログインID :

パスワード :

 ログイン情報を保存する

パスワードを忘れた方はこちら